クラミジア(性器クラミジア感染症)

クラミジアは感染してしまう人も多く代表的な性病の1つです。感染者のうち男性では約50%、女性では約75%もの人が自覚症状が無く感染に気づかないと言われています。そのため気づかないうちにさらに感染者を広げてしまう危険性があります。気づかないからといって放置してしまうと他の病気を引き起こしてしまう原因となりますので、疑いのある場合は検査を受ける必要があります。正しい知識を持ってクラミジアの感染を防止しましょう。
クラミジアとは正確には病名ではなくウイルスの名前です。このウイルスに感染してしまった状態を「性器クラミジア感染症」と言います。ですが、一般的に「性器クラミジア感染症」のことをクラミジアと呼ぶことが定着していますのでこのサイトでもクラミジアと呼びます。クラミジアの症状は尿路や性器に感染して各部位に炎症を起こします。男性の場合は前立腺や肝臓、腎臓などに炎症を起こす原因となってしまいます。女性の場合は子宮などに炎症を起こしてしまう原因となってしまいます。ですので自覚症状が無いからといって放置してしまう事はとても危険です。女性はそれが子宮外妊娠や不妊の原因となる可能性もあり、通常妊娠した場合でも産道に感染してしまっていたら新生児に結膜炎や肺炎などの悪影響が出てしまう可能性もあるのです。クラミジアの感染は粘膜の接触によって起きます。セックスだけではなくキスやオーラルセックスでも感染の可能性があります。自覚症状は少ないですが、男性は排尿時に痛みを感じることがあり女性は下腹部に違和感を覚えることがあります。また、クラミジアに感染してしまうとその他の性病やHIVの感染率も上がってしまう危険性があります。少しでも症状や違和感があるようでしたら検査を受ける事をお勧めします。