シアリスの副作用

本質的なシアリスの効果はというと性的な刺激や興奮することで脳からの伝達で、全身の血液の流れを良くして血管を膨張させ、陰茎に大量に血液を流すことで海綿体に血液が溜まり勃起するという仕組みです。
これが勃起不全治療薬としての効果です。
シアリスは食事の影響を受けにくく、20mgは持続時間は36時間と人気のあるED治療薬です。
興味があるのならば、ED専門の病院で処方してもらうか、ネット通販サイトでも本物を買うことが出来るので検討してみることをおすすめします。
購入できる正規品はしっかり臨床試験をしたものばかりなので、胸を張っておすすめ出来る医療品となっています。
では、シアリスの本物とは、普通クリニックで症状を見てもらってからでなければ、処方してもらえないのがシアリスです。
しかしいまでは、病院、クリニックで処方してもらわなくても、ネットで気軽に買える時代になりました。
本物の製品を購入するには、信用出来る個人の輸入代行業者を見定めるのが大事な要素になってきます。
シアリスは現在、バイアグラを抜き世界シェアNO.1で世界各国で1千万人以上が使用してます。
イーライリリー社が販売製造しているのは、5mg、10mg、20mgの3つだけで、本物といえるのはこの3種類だけです。
シアリスの5mgは持続時間16~17時間、10mgで20~24時間、20mgで30~36時間と持続時間が長いのが特徴です。
※日本ではあまり5mgの販売がされていません。
副作用について
シアリスは他のED治療薬と比べると副作用が出にくいので人気があります。
副作用が出ても比較的軽いのも特徴です。
シアリスを服用して出る副作用は、頭痛、ほてりなどの症状を起こすことがあります。
同じく、めまい、不整脈、無気力、記憶力低下、過敏症状(発疹)、興奮、消化不良、不眠、胃痛、下痢、胃部膨満感、眼痛、鼻炎、副鼻腔炎、陰茎の疼痛(とうつう)、射精障害、疲労感、筋肉痛、尿蛋白・尿糖の陽性反応 咽頭炎、副鼻腔炎、陰茎の疼痛(とうつう)、半勃起状態の持続、かゆみ、血中尿酸値の上昇、などの症状が見られる場合があります。
副作用が出る方は3割程度です。
ですが、症状が重い場合は必ず、医師に相談してください。